HOMEマフ巻隧道BBS検索

 独り言  マフ巻  2010年3月18日(木) 11:30
[修正]
水面下で活動中ですが、更新をさぼっております。

大宮鉱山(砥部)
佐田岬戦跡(観測壕)
松山周辺戦跡(石碑・石柱・銃器)
西之川鉱山軌道(隧道)
土讃線旧線2ヶ所(隧道・横坑)

今、レポ化できそうなのはこれくらい。

   アルプ  2010年3月18日(木) 18:00 [修正]
たのしみ〜♪

   九朗  2010年3月18日(木) 22:28  HP [修正]
早くレポを書く作業に戻るんだ

   マフ巻  2010年3月19日(金) 20:21 [修正]
21日は、愛知から戦争遺跡関係の刺客が来るので迎撃します。
それと、一番に更新したいのは土讃線です。頑張れ俺。

 若山隧道  まーきみ。  2010年1月30日(土) 19:14
[修正]
松野町富岡から、目黒に抜ける「県道317号松丸ー目黒線」の若山隧道です。

富岡側から行きましたが、夕方5時頃だったのと、途中脱輪しそうな場所があってガタガタ震えて到着しました。

富岡側坑口、扁額が綺麗に撮れませんでした。

 若山隧道内部  まーきみ。  2010年1月30日(土) 19:16 [修正]
坑口から数メートル入ると、岩肌に吹き付けただけの工法でした。

両脇の側溝に水が溜まっていました。

 目黒側  まーきみ。  2010年1月30日(土) 19:17  HP [修正]
トンネル通過してやや落ち着きを取り戻しました。

 昭和34年3月竣工  まーきみ。  2010年1月30日(土) 19:19  HP [修正]
一若建設なら有名ですが、「一若商事」って知りません??

 感謝感激  マフ巻  2010年1月30日(土) 21:56 [修正]
お!私が地蔵峠と合わせて訪問したい場所です。

一若商事・・・???初めて聞きましたが、
銘板に建設業者として記載されていましたか?
たぶん、ご推察の一若建設と思いますが・・・。

吹き付けコンクリートの地方県道隧道、素晴らしい趣です。

   まーきみ。  2010年1月30日(土) 22:51  HP [修正]
銘板はこれですね。

ちなみに、遠回りになりますが目黒側より行った方が楽です。
富岡側からは、途中の細いカーブが脱輪しそうで怖かったw

トンネル内の側溝は、後年、アスファルト舗装して、かさ上げしたので両端が低くなっただけなのか?

   マフ巻  2010年1月31日(日) 9:11 [修正]
両脇の側溝は、素掘り隧道のほとんどにありますね。
コンクリ覆工と違って、湧水が出るままなので流す必要があるのでしょう。

ただ、コンクリ吹付け施工とAs舗装の際に埋められることが多いようですが。

 ps 隊長!  まーきみ。  2010年2月1日(月) 7:52  HP [修正]
下家地の知人の話では、地蔵峠は荒れてて、バイクでも怖かったそうです。


   マフ巻  2010年2月12日(金) 20:52 [修正]
楽しみです。

 大志呂旧線  九朗  2010年1月25日(月) 19:37  HP
[修正]
レポキター。
そろそろ再訪します? hienは直りました?

ところで「鯉ヶ渕トンネル」の件ですが、mzdと思いながらいそいそと旧版地図を引っ張り出て見てみました。昭和32年発行で、昭和22年の空中写真を元にしています。現大志呂トンネルの高知側坑口付近が長い一本のトンネルになってい何じゃこりゃな状態でした。そこで自分で撮った不鮮明な展望ビデオを引っ張り出してみて見ました。大志呂トンネルの前後のトンネルにそれらしき地形は無いので旧線にあるのかもしれませんね。




とここまで書いて、写真年鑑に「トンネルが消えた」という題の写真があったのを思い出しました。右画像がそれですが、ひょっとしたら埋没してしまった!? 明日あたり図書館で新聞を見てこようと思います。

 肺炎など大事の小事よ!  マフ巻  2010年1月25日(月) 19:55 [修正]
そろそろ計画しましょう。ついでに大豊旧線か周志旧線も。

中でも、大豊TN旧線の剣ヶ峰隧道は軽く見られそうなので、
ついでに見るのには丁度いいかもと思っとります。

新聞記事と旧地形図、非常に興味深いですね。。
再訪問後の追加レポに引用させてください。

   九朗  2010年1月26日(火) 21:08  HP [修正]
 やはり埋まった、というかトンネルのあった小山がごっそり落ちてしまったようです。30mほどのトンネルだったようです。ちなみに西にかかっていた橋は鯉ヶ淵鉄橋といったようで、実際のところ東側5mが崩れただけだったようです。また、便宜上第一隧道と呼んでいる短いほうのトンネルですが、避岩トンネルというらしいです。事故が起きたまさにその時、トンネルの中で電気工事をしていて"タマタマ"の縮む思いをした人の体験談が載っていました。

あと新聞を見ていて少し面白い点がありました。オフ会のときに西谷橋袂の9tの標識を見に行きましたが、その西谷橋は事故前日から桁の架け替えのため通行止めになっていました。そして代替バス運行のため3日で完成させたようです。5月に撮った写真を見返すとちゃんと昭和37年2月竣工になっていました。


   マフ巻  2010年1月26日(火) 21:20 [修正]
おお!素晴らしい。今度作るレポに、その談話をパクらせてもらいます。(笑)

そして、西谷橋にそんなエピソードが・・・ちゃんと旧橋の痕跡があったのに。
まさか、旧橋を撤去してから新橋の工事をしていたのかな。。んなアホな。
そうだとすると、その旧橋も同時期に崩落していたのかもしれませんね。

避岩トンネルって、ロックシェッドを日本語で言ってるだけだったりして?
鯉ヶ渕鉄橋に避岩隧道、残りが2代目鯉ヶ渕隧道ということで
レポートはまとめれそうですね。大志呂の名前が無いのは意外です。

   九朗  2010年1月26日(火) 21:51  HP [修正]
そういえば大志呂も鯉ヶ淵の名前も地図にはありませんね。地元だけで通じる地名かな?

西谷橋は前々日の小崩落で土讃線が不通になっていたために自動車が殺到していて危険なため全面通行止めの上突貫工事で架け替えをはじめたそうです。本当は事故が起きた日は正常運行に戻るつもりだったとか。しかし早朝の大崩落で運転再開の見込みが立たなくなったため大慌てで完成させたようです。3トン未満の車のみ再び旧橋を開放したようです。

あと小崩落の際、志磨淵トンネルというトンネルが計画されたようですが、予定地が崩れたためわずか3日で頓挫したようです。

 訂正  九朗  2010年1月27日(水) 20:06  HP [修正]
避岩トンネル=鯉ヶ淵トンネルのようです。"タマタマ"が縮ってレベルじゃ(ry

あと大志呂トンネルは着工が5月で完成は翌年3月のようです。Wikipediaとは食い違っているのでこちらも新聞記事がないか探したいと思います。



2月の土曜日のどれか(6日除く)で計画しませう。

   マフ巻  2010年1月27日(水) 20:16 [修正]
了解!何人か連れて行ってもいいですかえ?

   九朗  2010年1月27日(水) 20:26  HP [修正]
いいですとも。ぜひぜひ


大志呂トンネルは着工が6月25日ごろ、翌年3月15日に試運転、22日に二回目の試運転が行われ、4月2日に共用開始、4月8日に竣工式が行われたようです。最初は8月に完成する見込みだったようで、ウィキペディアの編集者はそれを見て記事を作ったようです。

短い隧道は樫山隧道、長いほうは志摩渕隧道でした。

 旧宿毛隧道  まーきみ。  2010年1月11日(月) 19:49
[修正]
夏に訪れた「宿毛隧道」宿毛側坑口です。

付近は墓場になっており、近づくことが躊躇われる場所ではあります。

 扁額  まーきみ。  2010年1月11日(月) 19:50 [修正]
愛南町側扁額は苔生していましたが、南向きのこちら側はきれいでした。

昨年12月撮影

 下川の白看板  まーきみ。  2009年7月14日(火) 22:05  HP
[修正]
これは「ひとうがわ」と読むそうです。

「したがわ」「しとうがわ」とか間違いやすいですね。
仏木寺から降りてくる三叉路に白看板を見ました。

   まーきみ。  2009年7月14日(火) 22:09  HP [修正]
新しい看板とは、明石寺までの距離に誤差があります。
クレームを付けると白看板が撤去されるかもしれないので見て見ぬふりを致しましょうかw

   マフ巻  2009年7月15日(水) 20:06  HP Mail [修正]
おぉ、ローマ字(大文字)表記が無い看板です。
距離が細かいのは白看板の特徴ですが、これは何故かローマ字がありません…。

明石寺への矢印もオリジナル形式なので、市町村が作った独自の白看なのでしょう。ただ、素材とフォントは本物相当なので、私的には正規の白看板扱いをしております。

これに目を付けたまーきみ。さん、流石でございます。情報ありがとうございました。

   まーきみ。  2009年7月16日(木) 8:28 [修正]
あ。
ホントだローマ字表記がありませんね。
色々有って面白いですね。

 『下川』の読み方  元・筑鉄車掌  2009年12月23日(水) 2:28 [修正]
下川は『ひとうかわ』もしくは『ひとうがわ』ではありませんか?

ちなみに宇和島自動車のバス停は『ひとうかわ』、
日本郵便の郵便番号検索では『ひとうがわ』となっています。

ただ、地元の人が呼ぶ場合は独特なものがあったりするんですよね。

私は八幡浜の人間ですが、
山越(やまごえ)を『やまぐい』といったり
徳雲坊(とくうんぼう)を『とくんぼ』といってみたり…

細かい事を言ってどうもすみません。。。

   マフ巻  2009年12月25日(金) 9:14 [修正]
ちょっと気になったので調べてみました。

ttp://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?latitude=33.34308611&longitude=132.5536917

「ひとうがわ」なんですね。普通に読めません。(笑)
ありがとうございます。また気がついたことがあれば教えて下さいまし。

 遅くなりました!  まーきみ。  2010年1月9日(土) 19:21 [修正]
こんばんわ。まーきみ。です。
元・筑鉄車掌さま
ご指摘いただきながら、訂正が遅くなりました!
取り急ぎ、お詫びとお礼まで!

 dsn線  九朗  2009年12月29日(火) 18:50  HP
[修正]
逝ってきちゃいました。

hienだそうですが大丈夫ですか?

   マフ巻  2009年12月30日(水) 10:53 [修正]
おh!うらやましいぜ。
きっといつか連れて行って下さい。というか、1月か2月には逝きます。

肺炎は、1/8に最終検査を受け、完治かどうか調べるそうです。
今は、咳をするたびに100%の確立で痰がでて困っております。

 見近島  アルプ  2009年11月22日(日) 21:55
[修正]
雨の中見近島のトンネルを見に行きました。

バイクがこわれて大変だったです。

   マフ巻  2009年11月23日(月) 18:08 [修正]
あんなクソボロイと知っていたなら、
←のCRM80を積んで行けばよかったぜぃ…。

難儀なバイクに乗っとるのう。
SUBARUのおっさんにお礼せないかん。

   九朗  2009年11月23日(月) 22:04  HP [修正]
ベスパですか?

   アルプ  2009年11月23日(月) 22:22 [修正]
九朗さん、晴れの日専用のポンコツベスパです(´゚ω゚):;*.:;ブッ

まぁおかげで笑わせてもろたが(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ


まともなバイクで再訪しましょう(・∀・)

   マフ巻  2009年11月25日(水) 20:46 [修正]
ほんと、晴れの日におっちゃんにお礼をしに行くツーせねば。
温泉にもいきたいしねぇ。九朗さんも、年末年始にどう?

   九朗  2009年11月25日(水) 21:26 [修正]
いいですね。ボロカブでよければ。ついていけるかな・・・?







年末土讃線行けそうですか?

   マフ巻  2009年11月25日(水) 21:42 [修正]
年末、行きましょう! しまなみも。
それまでには、大志呂旧線をレポート化しますね。

 文庫隧道改良  なき  2009年11月5日(木) 13:09  HP
[修正]
紆余曲折あった?文庫隧道ですが、ついに数年以内に決着する模様です。
www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/170106/haruaka-bunnkonohana.html
によると、線形改良と隧道拡幅で対処する模様。

また、この隧道の西にある浦の内隧道でも、長期間大型車通行止と
いうことで、何かやってそうです。
時間があれば見にいきたいけど、なかなか…

   マフ巻  2009年11月5日(木) 16:12  HP [修正]
ようやく・・・新トンネルではなく改良になったんですね。
妙な看板が立っていたので、集落との折衝が巧くいくか心配です。

 木造橋?  九朗  2009年10月12日(月) 22:30  HP
[修正]
猪ノ鼻峠の旧道にある橋の跡なんですが、低いコンクリート橋脚の回りに太い丸太が転がっていて木造だったのかなと思ったんですが、1967年まで国道だった道に木造橋?っとも思いますし、よければ意見を聞かせてください。

   マフ巻  2009年10月13日(火) 9:07  HP [修正]
思いっきり木造橋脚ですね。。。
国道の木造橋、四国にならあったかもしれません。
東北にあったことは確実なのですが。

面白い発見してきましたね。素晴らしい行動力です。

   九朗  2009年10月13日(火) 19:08  HP [修正]
ありがとうございます。

1974年の空中写真では残ってました。撤去されずほったらかされてきたんでしょうね。いつ頃壊れたのか気になります。現役時代を見たいと思った橋です。猪ノ鼻峠、調べてみると結構面白いですね。

足は例によってカブでした。 でかいバイク欲すぃ

 口屋内トンネル  まーきみ。  2009年10月10日(土) 9:00  HP
[修正]
高知県西土佐村の口屋内トンネルです。
慌ててたせいか、中途半端な画像になってしまいました。
西土佐側坑口と黒尊側坑口

 扁額  まーきみ。  2009年10月10日(土) 9:03  HP [修正]
扁額は、黒尊側です。(反対側はピンボケでした)
15年以上前に、この奥に灸で有名な人がいるので尋ねていきました。
途中、土砂崩れで通行不能で引き返した記憶があります。

   マフ巻  2009年10月10日(土) 19:45 [修正]
おお!元森林軌道隧道ですね。現在の姿は拡幅改修されたようです。
元々どのような形をしていたのか、すごく興味のある場所です。

数年前に一度行ったきりになっているので、
もう一度行ってみたいとは思っております。近くに大峠隧道もあるし。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25
全 1139件 [管理]
CGI-design