HOMEマフ巻隧道BBS検索

   九朗  2013年12月7日(土) 8:50
[修正]
安居林道はただ今通行止めだそうで。歩いて通れそうですが、この先の探索計画に影響を与えそうです。この崩落を乗り越えて進むと、おそらく一般個人のものと思われる四駆が二台取り残されていました。気の毒に。こういうケースでレンタカーでも借りた場合、費用は自腹なんでしょうかね。

   SNAKE  2013年12月8日(日) 22:36  HP [修正]
冬ですね。魚梁瀬に行きたいですw
崩落で帰れなくなったとき、徒歩で帰るのも辛そうですね。夜だと寒いし足元は見えないし獣も出てきて怖そうです…。

汗見土場の写真が見つかりました。

   マフ巻  2013年12月9日(月) 8:33 [修正]
ぬおー!雪の中、探索お疲れ様です!しかし崩落の先に四駆ですか。。気の毒に。
レンタカーは、林道での出来事なので自腹ですね。
仲間の車が居たことを願いましょう。

土場の写真、すんごい吊り橋ですね。小さい子供が二人乗っているように見える。
子供同士で大丈夫なんだろうかと心配してしまうけど、当時の人は普通でしょうね。

 北ノ川隧道について  SNAKE  2013年9月23日(月) 22:40  HP
[修正]
森ヶ内林用軌道の林道台帳を手に入れました。これによると、北ノ川隧道周辺には軌道および牛馬道、木馬道は設置されていないようです。その近辺に国有林がないので開設しないと思われます。国有林はもっと北側、四万十町と中土佐町の境界付近にわずかにありますが、軌道を開設するほどの広さではありません。結果としてこの隧道が何であるのかは分かりませんが…。

また、ページに記載されていた松葉川線の位置についてですが、森ヶ内造林事務所があった場所から北へ延びる支線が松葉川線です。図の後半は略してます。最後の谷で3本に分岐していますが、これらは同時期に存在していました。3本まとめて松葉川線のようです。

すぐではありませんが、また地図をまとめて上げるのでご参考までにご覧ください。

   SNAKE  2013年9月23日(月) 23:13  HP [修正]
もう少し詳しい情報を
土讃線の延伸、笹之越隧道の扁額記載年ですが、森林軌道は昭和18年に影野(駅)貯木場に延伸しています。そして、昭和25年、奥地にある松葉川貯木場まで車道化され軌道と併用しています。しかし、この時この区間は牛馬道へ降格しています。影野貯木場から松葉川貯木場までの軌道撤去は昭和29年です。
つまり記載されていた昭和23年は車道化された年で間違いないでしょう。軌道と車道の併用期間は4年ということがわかります。

   マフ巻  2013年9月25日(水) 10:48 [修正]
スパムがすごくてビックリ!!200オーバーもあった。
消すのに一苦労・・・英語の助動詞を禁止用語にしておきました。

北ノ川の隧道、やっぱり軌道ではなかったのですね。
いったいあの隧道は何なのか???不思議な隧道です。

続報期待しております。

   九朗  2013年9月28日(土) 9:21 [修正]
投稿パスを設定するか出来る掲示板に乗り換えるのはどうでしょう? >すぱむ



ところで、一日かけて歩き通した安居の写真が綺麗サッパリ消失してしまいました。いま復元を試みていますが、ヘコみます・・・・・・・・

   マフ巻  2013年10月1日(火) 13:53 [修正]
ぐぬぬ。油断しているとスパムが。この一か月ほど酷いですな。

写真が消えたとは、しかも一日かけての場所となると・・・
復元できたらいいですね。もったいない。

   SNAKE  2013年10月2日(水) 21:11  HP [修正]
写真が消えたということは、安居軌道の続編が見れないということですか?
なんということだ…。

   九朗  2013年10月3日(木) 18:56 [修正]
一日どころか、白髪や伊尾木まで綺麗サッパリなくなりましたw

まあ近場はもう一度行けば良い話ですが、安居の奥はなんとしてでも拾いたいですね。あそこはもう一度は行きたくない(汗

 旧赤木川  α星  2013年9月29日(日) 20:53
[修正]
隧道とはかけ離れた話題になりますが
一本松の中ノ川隧道周辺には国道に沿って
赤木川という小さな川が流れていますよね。この赤木川
、国道の新設工事の際旧河川を埋め立てて
河川経路を変更している箇所が存在するのです。
いわば川の旧道です。

新旧の地形図(茶堂の付近)やS50年の航空写真を見ても赤木川
が河川経路の変更をされているのが分かると思います。

旧河川の埋め立て地は新道と旧道が交差する箇所がありますが旧道は
アンダーパスを通過して宇和島に向けて進むと左カーブを描いて新道
と合流していますがこの左手に空き地があります。この空き地が
旧河川の埋め立て地になります。
私の記憶では埋められた赤木川の旧河川は旧道に沿って流れており
背の高い水草の生えた区間を過ぎると水深2〜3m位の深みがあり、
そこから薮の中へ流れていました。旧国道時代、国道から
確認は出来ませんでしたがS50年の航空写真では赤木川
の埋められた区間(現道の通ってる付近)には堰も存在したみ
たいです。

旧河川の埋め立て工事は93年頃から96年1月頃まで行われ、
深みの箇所は最後まで残っており、溜め池状態でした。
96年1月頃、深みのあった箇所が埋め立てられ、旧河川は完全に
埋没してしまいました。

新河川の着工工事の時期は忘れましたが95年の年末頃には完成しており、
アンダーパスから旧道合流地点の南側に流れる河川が人工の新河川になります。

   マフ巻  2013年10月1日(火) 13:58 [修正]
河川の新旧ですか。
確かに中ノ川辺りは大工事ですものね。

地形の変遷も追っていけば面白いものがあるかもしれません。
特にダム関連だと、工事用だけの隧道が発生したり消えたりするので楽しいかも。

うちの近所の二級河川にも、付け替えルートが残っているのがあります。
今は、工場地帯の中をぶった切る形で廃河川が残っていて野犬の巣に。

   α星  2013年10月1日(火) 21:14 [修正]
中ノ川隧道周辺の工事は84年頃には
行われていたそうです。

2010年5月に旧河川の痕跡がないか
現地で調べたのですが、何も残っていませんでした。
わざわざ新河川を造らず従来の河川に橋梁を架けて
新道を通した方が良かったと思います。

新河川新設工事と旧河川埋め立て工事の際中は中ノ川以西の
赤木川は工事で出た土砂で濁った状態でした。

ちょっと思い出したのですがこの改良区間には
現道を拡幅した区間もありますがこの区間に
坪の内橋と高橋橋という赤木川を跨ぐ橋がありますよね。
これらも拡幅の際、架け替えられた物で両者は
S30年代以前に造られた橋梁でよく見るコンクリート製
の欄干の橋でした。幅員も狭く高橋橋の方は大型車の
合離は厳しかったと記憶しています。

両者の架け替えは北側に仮設路と仮設橋をもうけ
旧橋を通行止めにして架け替えが行われました。
坪の内橋は95年頃〜96年頃、高橋橋は99年頃〜
2000年頃に架け替えられました。

 残暑見舞い申し上げます  SNAKE  2013年8月28日(水) 23:51  HP
[修正]
本日、祖谷山林用軌道の探索で隧道を発見しました。
すぐ上部で林道開設工事がなされており、ここから奥の終点側の部分も少しだけ踏襲されていました。
起点方向に向かって延伸していると伺いました。起点からここまでは登山道として使われており、素晴らしい軌道跡が残っていましたが踏襲されてしまいそうです。

隧道についてですが、画像は終点側です。
起点側は残念ながら土砂で閉塞しております。
1/3コンクリ2/3素掘りで、長さは20メートルぐらいだと思われます。
カーブはなく、ほぼ直線です。

   マフ巻  2013年8月30日(金) 8:45 [修正]
素晴らしい!未知の隧道で、片方が閉塞しているとはアツイ。
いいものを見つけられましたね。

どんどん新発見をお願いします。楽しみです。

   SNAKE  2013年8月30日(金) 22:40 [修正]
一応、内部の状態です〜。

   マフ巻  2013年9月3日(火) 8:33 [修正]
一部コンクリですか。頑張っていた林鉄なのですね。
しかしよく見つけられましたね。

   SNAKE  2013年9月3日(火) 11:44 [修正]
経験者としての感でしょうかw
一日目は隧道埋没側で探索を終了(この段階ではまだ疑心暗鬼)、二日目は裏側を目指して、見つけることができました。
一応、この路線には隧道があることが林道台帳に明記されていました。
潰される前に写真に収めることができてよかったですw

写真は埋没側、崩れてきた斜面に生えた木を見るとかなり時間が経過していることがわかります。

 四万十市中村大橋通6丁目  しっぽつき  2013年5月30日(木) 19:25  HP
[修正]
 これって「白看板」でOKですか?

   マフ巻  2013年5月31日(金) 15:28 [修正]
ローマ字の大文字がないので、白看板ではありませぬ。
しかし、同時期に設置された看板であることは間違いないですよ。

こんなのがある路線に、白看板が残っていることが多いので、
ぜひとも新たなる発見をしてください!

   しっぽつき  2013年5月31日(金) 19:11  HP [修正]
なるほど〜。
そう簡単には見つかりませんな。

以後看板にも気を付けてみまするm(__)m

 高研隧道  しっぽつき  2013年4月29日(月) 20:01  HP
[修正]
 既に御存じであればすみません。
 今日通りがかったのですが、高研隧道が通行止めとなっておりました。

   マフ巻  2013年4月30日(火) 15:41 [修正]
ブログ拝見しました。
伊豆田の記事をうちのレポにリンクさせてもらいました。

南予のあたりに出没されていたのですね〜。
私も宇和町へ行っていたのでニアミスでした。

高研は、はみ男さんから聞いておりましたが、
当面の間っていうのが気になりますよね。再開通を祈願せねば。

   しっぽつき  2013年5月1日(水) 22:56  HP [修正]
 リンクありがとうございます。ここ数日、うちのブログのアクセスが増えてるので不思議に思ってましたがw

 高研の件で、はみ男さんのブログも確認しました。凄い遅い報告でしたね(恥  再開通祈願は同意です。


 歳だけ食って知識も経験も少ないしっぽつきですが、今後ともよろしくお付き合いをお願いします m(__)m

 

   マフラー巻き  2013年5月3日(金) 12:58 [修正]
夏までにツーリング行きませう!
オンでもオフでも。

   しっぽつき  2013年5月4日(土) 21:49  HP [修正]
おおう、是非是非! オフ希望ですが、暑けりゃカルストとかw

   マフラー巻き  2013年5月8日(水) 18:19 [修正]
カルストならオンロードでもいいですねぇ。
オンロードならAPE100で出動できそうです。

5月中に行けたらいいなと思っております。
私の予定をメールしますんで、どっか見に行きましょう。

   マフラー巻き  2013年5月25日(土) 13:37 [修正]
申し訳ない・・・です。5月は俺が無理だった。
連絡できなかったのは反省します。

梅雨明け後に計画をば。

   しっぽつき  2013年5月25日(土) 19:44  HP [修正]
計画立案からすべて丸投げしてるしっぽつきもどうかと(^^;
気楽に行きましょうw

   九朗  2013年5月8日(水) 21:04
[修正]
佐川町の白看板消滅です。ナム

あと、何故か熊秋の旧道を埋め尽くしていた土砂が撤去されていました。

 九朗  九朗  2013年4月29日(月) 21:56
[修正]
安居にて。
伊尾木ってなんだったんだろう・・・・、と色んな意味で思わせる所でした。

   マフ巻  2013年4月30日(火) 15:43 [修正]
隧道だー!
最近、高知県の林鉄活動が盛んですねぇ。
ほんと、近くにあれば参加したいのに。

小田町や久万町の隧道をうpせねば。
しかし、パソコン調子悪い。捨てたくなる。

   SNAKE  2013年4月30日(火) 20:13  HP Mail [修正]
いいなぁ…。行きたいなぁ…。

   九朗  2013年4月30日(火) 23:08 [修正]
遭難しますよ(笑) 逃げずに尻尾を振ってくるヘビさんが歓迎してくれます。自分は逃げ帰って来ました。寒くなってからリベンジしたいと思います。

   マフラー巻き  2013年5月8日(水) 18:20 [修正]
これ、さりげなく地味に画像ってますけど、当時の木橋ですよね?
こんなんみたら、マムシ捕まえに行きたくなります。

5月中につーりんぐしませう。

   しっぽつき  2013年5月8日(水) 20:38  HP Mail [修正]
ツーリング、いいですねぇ。12.19の日曜は大丈夫です。11.18の土曜は要調整(11は雨予報ですが)、26日曜は70%大丈夫、な現状です。

   九朗  2013年4月9日(火) 21:30
[修正]
安居の奥は雪だった・・・・。
←安居林道の信号機。

   マフ巻  2013年4月15日(月) 8:27 [修正]
信号機って、何気にすごい発見ですね。
倉庫の中?道端だったら速効腐る気がします。

そもそも、信号機が必要な場所がどこだったのか、
とっても わたし気になります!

   九朗  2013年4月17日(水) 7:44 [修正]
始点の土場跡で見つけました。
手信号で十分な気がしますよね。軌道には直接関係ないのかもしれません。
一応レンズには合図灯でお馴染みの白光舎の刻印がありました。

 丸太隧道撤去時期(S61年以降撤去かも)  α星  2013年4月6日(土) 18:36
[修正]
お久しぶりです。

宇和島市にあった丸太隧道ですが
S61年ごろまで現存していたという
話があるようです。
私が丸太隧道跡地を始めて訪れたのが
2000年の4月で隧道跡の法面はどう見ても
新しくS54年前後にできた(田之浜隧道・松尾
トンネル・無月トンネル等)よりも
新しく感じました。

推測ですが。
@S54年は丸太隧道の改良案が出た年。
AS54年に前後の改良及び仮設路の
建設が始まり予算の問題で工事が
度々停止し隧道撤去まで約7年を要した。
どちらかが考えられます。

丸太隧道は北口近くに学校もあり
撤去工事は通行止めにせず仮設路
工法での工事が行われた事が有力
ではないかと思います。
また、田舎の改良なので工事は何度か
停止していた可能性はあります。
法面の感じからS54年撤去には疑問も
感じ丸太隧道の撤去時期は地元の
方に聞いてみてもいいかもしれません。

丸太隧道は趣のある隧道だったようです。

   マフ巻  2013年4月9日(火) 8:26 [修正]
お久しぶりです。
丸太隧道、撤去の話ありがとうございました。

当時の姿を見てみたかったものです。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25
全 1147件 [管理]
CGI-design