HOMEマフ巻隧道BBS検索

 HP閉鎖  マフラー巻き  2007年8月22日(水) 22:31  HP
[修正]
不本意ながら、レン鯖元のパルフェが倒産したので閉鎖します。
データ消去(強制)の日時は不明ですが早急に消されるそうです・・・。
昨日、メールで一方的に通告されたばかりなので
急な報告となってしまい申し訳ありません。

リンクしてくださっている方、これまでご愛顧いただいた方、
皆様ありがとうございました。近い内にどこかで復活すると思います。
その時は安定した会社を見極め、再びご迷惑をかけないようにしますので、
どうかよろしくお願いいたします。それでは、また会う日まで!

 閉鎖とは  山形の廃道  2007年8月22日(水) 23:26  HP [修正]
サーバーの都合で閉鎖とはまた大変な事態ですね。
私はインフォシーク(無料)http://isweb.www.infoseek.co.jp/info/iw_lite_if.html
を使わせてもらっているんですが、いかがでしょう。

 驚いています  やぶお  2007年8月23日(木) 20:15  HP [修正]
マフラー巻きさま、わざわざご連絡ありがとうございます。
お話の内容に驚いています。
サーバー元の倒産でHPが閉鎖・・・という事態があるものなのですね。
しかも一方的な通知とはさぞショックなことでしょう。

ぜひ限られた時間で引っ越しの準備をしていただきたいです。
私も旧道や旧線、旧トンネルは好きで
ROMだけのことも多かったですが
懐かしい四国の話題が満載で
このまま閉鎖してしまうのはとても残念です。

しばらくは残務作業が大変だとは思いますが
早い復活を心より望んでいます。
復活のあかつきには必ず立ち寄らせていただきます。

   九朗  2007年8月26日(日) 7:39 [修正]
倒産したのでとかひどっ。
慌てずゆっくり移転先探してください。
復活待ってます。

 閉鎖記念に・・  アルプ  2007年8月28日(火) 12:46 [修正]
c⌒っ *・∀・)φ

カキコ。乙でした。

   学生服のヤマダ  2007年8月29日(水) 23:44 [修正]
まだまだ暑い日が続きますね。
この度はサーバーの営業停止という事態・・・
大変でしたね。
自分はサイトの運営していないので
その管理やデータの移転などの大変さはわからないのですが
おりしもお盆前に前のパソコンがとうとう起動できなくなりまして
その中のデータを取り出す大変さ・・・と言うか、もどかしさをひしひしと感じている次第であります。
(仕事や趣味のデータは助かりましたけど、最近の子どもらの写真が・・・ちょいとショックです)

皆さんもおっしゃいますように、わたしもまたどこかで再出発してくださるのを楽しみにしておりますが
ご家庭の事もありますしね^^
あまりご無理は言えませんので、またマフさんのペースで再始動していただけたらと思います。
それでは、お体のほうにも是非とも気をつけてお過ごしくださいませ。

   マフラー巻き  2007年8月30日(木) 19:27  HP [修正]
みなさま、ありがとうございます。
年内には小リニューアルをして復活したいと思いますので、
その時は再びご愛顧くださりますよう宜しくお願いします。

・・・しかし、消すぞメールが来てから数日。まだ消えないぞ?
これではどこかの閉鎖宣言と同レベルになってしまうではないかw

 大滝隧道データ  α星  2007年8月10日(金) 13:02
[修正]
R195号の大滝隧道のデータを県に問い合わせ
返答がきたので報告します。
大滝隧道 延長86.0m 総幅員5.5m
成山隧道 昭和28年完成

   マフ巻  2007年8月10日(金) 15:06 [修正]
ありがとうございます。元々の情報と同じですが、
大滝隧道の総幅員を追加させていただきました。

   α星  2007年8月10日(金) 23:26 [修正]
返答では完成年がS34年となっていましたが、
名額ではたしかにS32年です。
S34年というのは供用年ではないかとも考えられますが…。

成山隧道の延長も9.0mとなっていました、現状では
私も延長を実測し以前の返答の数値の7.3mが正しいと思います。
この隧道高知側は徳島側と違って素堀隧道ような坑門ですし、
もしかすると高知側は改良時本来の坑口を削られて9mから
7mに縮んだことも考えられるのですが。
長い部分の実測は9mくらいあったので長い部分の数値かもしれませんが、
国道時代の高知側口は地元の方からの話が有力かもしれません。

 木沢トンネル  とし  2007年5月8日(火) 21:14
[修正]
マフ巻きさん´ω`)ノ こんぬづわ。
昨日、先月開通した木沢トンネルの夜の写真を撮ってきました。
なぜ、夜なのかは、高知から国道439号線経由で帰ったからです。

トンネルが開通してから符殿トンネルと大用知トンネルを通る道は、封鎖されていました。

   マフラー巻き  2007年5月9日(水) 16:43 [修正]
高知から439で徳島ですか〜。。考えただけでも恐ろしいですね。
木沢トンネルに夜行ったのですか、夜の大用地隧道は探索されましたか?

閉鎖措置がこれ以上厳重にならない事を祈るばかりです。(ヲイ

   とし  2007年5月9日(水) 20:27 [修正]
マフ巻きさん、どうもです。

>夜の大用地隧道は探索されましたか?
流石に暗くて行けなかったというよりは、さっさと帰りたかったので木沢トンネルの写真を撮ったら現地を離れました。

以前日のあるうちに開通前に通ったとき、大用知隧道南側入り口はガードレールで封鎖していました。(交通整理員がいて写真とれず。)

   とし  2007年7月2日(月) 21:19 [修正]
7月1日に見てきました。
大用知トンネルを閉じてしまうようです。

   マフラー巻き  2007年7月4日(水) 20:53  HP [修正]
あらま!無かったことにされるのかも?
工事が終わってから覗いて見る価値がありそうですね。

   naki  2007年8月5日(日) 20:59 [修正]
某所でも書きましたが、木沢トンネル内部の大用知トンネル
接続地点は閉じられていました。
8月4日に訪問したときは工事中でしたが、恐らくどこが
接続地点かわからないくらいに仕立てられそう。

 R194休場口トンネル  九朗  2007年7月30日(月) 21:07
[修正]
お晩です。

これも閉鎖されたりするのかな?

   マフ巻  2007年8月1日(水) 8:44 [修正]
近況報告ありがとうございます。

このトンネルの線形危ないな〜って思っていたら
やっぱり死亡事故が起きましたものね。俺も死にそうになったし。
線形改良されることは安全になって喜ばしいと思うのですが、
新橋のせいで旧隧道の痕跡が綺麗さっぱり壊されたのがショックです。

閉鎖好きの高知県がやることですから閉鎖してしまうのでしょうが、
林道へのアプローチとして僅かに残される可能性も微妙にあるかも。

 佐田岬  高松市民  2007年7月30日(月) 22:53  HP
[修正]
こんばんは〜、お久しぶりです^^

先日、佐田岬まで旅行してきました。先端の灯台も訪れたので、佐田岬要塞も簡単に見学してきました。その道中ちょっとした発見がありまして・・・・「名取トンネル」というのですが、、私のサイトでレポしてますので、よければ見てあげてください(笑;;。
地響きによる崩壊そして新道建設、地中でのトンネルの接続と複雑な事情が重なっています。

山行がさんで公開されている甲子峠に似た要素がありますよ〜

   マフ巻  2007年8月1日(水) 8:39 [修正]
お!名取トンネル先を越されてしまいましたね。
旧隧道はすっかりと塞がれてしまったのですか。。

逆に峠越えの旧道がどうなったか見てみたいので
私も近日中に訪問します。ありがとうございました。

 浦戸トンネルの西側にあった隧道について  yoshirin  2007年7月9日(月) 20:00  Mail
[修正]
マフラー巻き様、yoshirinです。この間は、伊豆・下田の極短隧道についてのご丁寧なレス、どうもありがとうございました。
さて、私がもう1つ気になっていることがあります。高知の方から浦戸トンネルに向かう道は、ヤシの木の生えた、堤防のようなところを走っていますね。その道のすぐ北側のやや低くなっているところにも、並行して道があるのは、ご存知だと思います。かれこれ、20年ほど前になると思いますが、そのヤシの木の道を走ったときに、その低い方の道に2本ほど、
台地のようなところを、北に抜ける隧道が2本ほど見えた記憶があります(その隧道は、その当時持っていた地図にも載っていました)。2年前に
浦戸隧道を見に行ったとき、またヤシの木の道を走ったのですが、隧道はなくなっていました。廃止されたのでしょうか。浦戸の岬は浦戸トンネルのある辺りは、低いながらも山になっていますが、高知側の方は台地になっているところがありますよね。そこに掘られていた隧道です。2年前は時間の都合で、そこまで調査できませんでしたので、何か情報をお持ちでしたら、お教えいただけましたら幸いに思います。いつも、質問ばかりで失礼かとは思いますが、どうぞよろしくおねがいします。

   マフラー巻き  2007年7月10日(火) 12:25  HP [修正]
ご質問ありがとうございます。
高知の浦戸隧道付近にもう2本隧道があったのは知りませんでした。

近くの市道に狭く小さなロックシェード(隧道風)があるので
初めはこれの誤認かと思いましたが、こちらは現存しているので
無くなっているという条件に一致していないようです。

堤防沿いの道路となると太平洋岸を走る春野赤岡線かな?と思います。
しかし、この県道から北に位置する隧道となると、
浦戸トンネルそのものと思えてしまいますね。
高知市の古い地形図が載っている道路地図を持っていたのですが、
行方不明になっています。。なんとか探し出してみます。

   マフラー巻き  2007年7月10日(火) 12:27  HP [修正]
周辺にこんなトンネルもあるのですが・・・。
ただし、この国光トンネルは昭和63年竣工なので時代が合致していませんね。

   yoshirin  2007年7月10日(火) 20:41  Mail [修正]
マフラー巻き様、いつもご丁寧なレスありがとうございます。
道路は、お教えいただきました通り、春野赤岡線だと思います。
さて、私の曖昧な記憶を頼りに、場所をウォッちずで調べてみました。地図は、土佐長浜(北西)図です。ご覧になっていただければ、おわかりになると思いますが、その地図の右下の方に、『浦戸』の地名の記載があり、そばに『高知市』の記載もあります。その高知市の『市』の文字のそばに郵便局があるのが、おわかりになるとおもいます。郵便局の西側に、南北に走る2本の細い道の記載があります。今でこそ、隧道の記載にはなっていませんが、どうもこの道が怪しそうです。ただ、もう1つ可能性がありますのは、春野赤岡線のすぐ北側に、浦戸トンネルに直接つながっている道路も記載されており、そこから北の方を見て、2本の隧道を見たのかもしれないことです。なお、当時私が所有しておりました道路地図は、和楽路屋の道路地図の中国・四国版で、高知・桂浜近辺の詳細図に私が申しております隧道が2本、間違いなく記載されていました(浦戸トンネルとは、完全に別トンネルです)。いろいろ、ややこしいことを申し上げましたが、情報をいただけますれば、幸いに思います。では、また。

   マフラー巻き  2007年7月10日(火) 21:38  HP [修正]
この辺りには浦戸海軍の震洋壕が複数設置されており、
どれも海岸に面した崖や斜面に設置されておったようです。
しかし、トンネルではないので壕は的外れでしょうか。。

タイムスリップ地図という本を持っていたのですが、
何やら行方不明になっておって見つかりません。。
今後も注目していきたいと思いますのでしばしお待ちください。

   マフラー巻き  2007年7月10日(火) 21:51  HP [修正]
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/75/csi-75-9/c1b/csi-75-9_c1b_14.jpg
私では昭和50年の空撮でも見つけられませんでした。

画像のあたりかな?と思ってみたのですが、合っていますでしょうか?

   yoshirin  2007年7月11日(水) 19:52  Mail [修正]
マフラー巻き様、空撮写真までお載せいただき、どうもありがとうございます。
浦戸トンネルの西側も結構、山が続いているのですね。写真の上部に見えているグランド(?)の辺りに、隧道があったとしても、道路から直接は見えにくいと思います。それにレスでおっしゃってます様に壕でしたら,
普通の道路地図には記載されていないと思います(その時、私が持っていましたのは、普通の道路地図で、隧道を道路が通り抜けて北側へ出れる様に記載されていました)。だとすると、お写真の中程の住宅地の辺りの、台地状になっている場所に隧道があったことになるのですが……。私もその地図を現在は持っていませんので、どこかに古い道路地図などを閲覧できるサイトがあれば、ご説明しやすくなるのですけれど。では、また。

   マフ巻  2007年6月28日(木) 11:49
[修正]
容量がいっぱいになって更新停止中です。。
しばしお待ちを。

   魔性の興味持ち男  2007年7月1日(日) 14:47 [修正]
メモリは2Gがベスト見たいですね。

うちのは256KBでかなり遅いですw。

   マフ巻  2007年7月1日(日) 16:29 [修正]
あ、いやレンタル鯖の容量が無くなったんです…。
メドは付けているので暇さえあれば移します。

 東海道線金谷の旧線トンネル  やぶお  2007年6月20日(水) 20:40  HP
[修正]
マフラー巻きさま、こんにちは。
東海道線は金谷トンネルの下り方旧線トンネルの撮影に成功しましたので
一枚貼らせてください。
この旧線入り口は近くを通っている県道から確認することができました。
右の211系が見えるトンネルは現在の上り線です。
なお下り線は写真右方向に数十メートル離れて単線で新線が敷設されています。

   魔性の興味持ち男  2007年6月22日(金) 22:20 [修正]
新旧が仲良く並んでますね。
旧隧道に入ってみたいものですね。フェンスも何もしていないことから、何かに使われているのかな・・・。
しかし、煉瓦(に見える)作りがいいですね。

 ちっちゃな頃からマフ巻きで〜♪幼児でキリンにかまれたよ〜♪  学生服のヤマダ  2007年6月23日(土) 22:38  Mail [修正]
やぶお様
旧線トンネルの反対側のお写真ありがとうございます。
やはりこちら側も今でも確認できるのですね。
私も近くまで行く機会が幾度もありながら、見に行けず終いでしたので
ありがたく思います。
魔性の興味持ち男様、お久しぶりです。
反対側の様子もこの掲示板の5P目で今でもご確認できますよ。
そのお写真のように旧線が廃止されてすぐに、もう盛土されて塞がれてしまいましたので
転用はされてないとは思いますが、こうやってそのままの姿で保存してくれているのは
嬉しい限りですね。
また地元に帰った時、あらためて見に行きたいと思います。

写真は話題とは全く関係がございませんが
先日遊びに行った公園にある展望台のお写真です。
この手の看板はある種の「挑戦」みたいなものを感じませんか?^^
かみさんに「車で行っていい?」って聞いたら
「一人の時に(家にあるM/T四駆の)バンで行ってね」って断られました。
なんて写真を撮ってたら、普通車の1BOXがゆっくりゆっくり降りてきました。
やはりチャレンジャーはいるものですね^^

   マフラー巻き  2007年6月24日(日) 21:20  HP [修正]
やぶおさま、こんにちは!素晴らしい状況ですね!
新旧トンネルが並ぶ様子、四国の鉄道には見かけられないので、非常に不思議な感じがします。

以前投降して頂いた物と並べると石造の坑門から独特な迫力を感じました。ありがとうございます。


魔性の興味持ち男さんこんばんは。ホント、いい物件ですよね。

ヤマダさんお久しぶりです。ヒルクライムですね…私が見たら絶対に突撃したな…。しかし誰かが事故れば即通行止になりそうな恐ろしさが。。行ってみたいっす。

   学生服のヤマダ  2007年6月26日(火) 0:47  Mail [修正]
>マフ巻き様
無理にアタックしなくても、公園からでも十分眺めはいいんですけどね^^
こじんまりした公園ですが、バンガローあり、無料の草ソリすべりあり・・・と
ちびっこいお子さんには最適な公園ですので
チャレンジャーなパパさんには是非!
(おっきいお子さんにはちと退屈かも・・・でもきちっと整備されてますんで
県下の公園の中では高感度がかなり高いんですよ)
ちなみに以前お伝えしました、旧三野町の白看は
赤の矢印の辺りになりますよ。
合わせてご参考の程。
あ、全然隧道の話と離れててすみません^^

 極短隧道について  yoshirin  2007年6月6日(水) 16:52  Mail
[修正]
始めまして。私は奈良在住の隧道好きのおっさんです。いつも、皆様の隧道に対する熱い思いを、面白く拝見させてもらっております。
さて、これは、20年程前、友達4人と伊豆へ遊びに行った時に見た超短隧道の話です。伊豆の下田に水族館があったのですが、そこには、業務用の通用門があり、丸いゲートがついていました。ところが、良く見てみると、ゲートと思ったのはゲートではなく、高さ2mぐらいに無理やり残した岩をくぐっている極短の隧道だったのです。びっくりして見ていると、軽4が通ったのですが、隧道の長さは、軽4のドアの幅もありませんでした(長さは数10センチ?)。もし、これが隧道扱いになるとすれば、日本で最短の隧道になるのではないでしょうか。最近、その時一緒に行った友達に聞いても、そんなことは誰も覚えておらず、私自身、とても心に引っかかっており、隧道の知識の豊富なここの方でしたら、何か情報をお持ちではないかと思い、初投稿させていただきます。
これからも、面白いHPを続けてください。

   マフラー巻き  2007年6月6日(水) 21:03  HP [修正]
はじめまして!書き込みありがとうございます。
以前、しろさんが九州で画像の隧道(約1.9m)を見つけられましたが、それは水路に隧道って扁額を付けただけのものでした。
(元々は明治隧道があった場所とのこと。)

しかし今回は正真正銘の隧道ですか!
伊豆の物件は初めて聞いたので驚きました。

官公署の台帳では荷滝隧道より短い隧道が無いので、現存していたら日本一の可能性がかなり高いですね!
しかし、ネット上で見つけられないので開削されてしまったか・・・?業務用の私道だから情報が無いのか・・・。
今後も要注目していきたいと思います。

画像は、しろさんが教えてくれた水路隧道です。

   マフラー巻き  2007年6月6日(水) 21:06  HP [修正]
高知県の荷滝隧道も載せておきます。
目下、日本一短い隧道ですが果たして・・・。

台帳にも載っており、延長3mと記載されています。

   yoshirin  2007年6月7日(木) 17:37  Mail [修正]
さっそくのご丁寧な返信、どうもありがとうございます。
場所は多分、下田水族館だったのですが、本当に短い隧道で、少し蹴れば折れそうな感じでした。どこかに、写真などが残っているかと思ったのですが、マフラー巻きさんがおっしゃられるように、私道扱いになるとすれば、データなども残っていない可能性が高いですね。私も、もう少し探してみようと思います。
それから、去年になりましが、浦戸隧道にはいってきました。中を歩いておりましたら、いきなり軽自動車が進入してきて、びっくりしました。私にはとても無理ですが、地元の人は割りとあの隧道を車で通っておられるようでした。
では、また。

   マフラー巻き  2007年6月9日(土) 22:56  HP [修正]
浦戸隧道!行かれましたか、あの極狭隧道に。

しかも地元の人はあの隧道を車で通っているのですね…。驚きです。軽自動車でも、私のハイルーフの箱バンでは高さが無理でした。

 続・屋島洞窟  高松市民  2007年4月8日(日) 14:30  HP
[修正]
こんにちは〜
先日、屋島の洞窟の全容を解明すべく地元の友人等と探索してきましたので報告させていただきます♪

もうこの探索も三回を数えるのですが、結局今回も全てを網羅することができませんでした(笑。↓の写真のように大きな空間もあり、石垣を築いたようなものも洞窟内外に多く存在していました。また、水没している洞窟があるようです(部分水没している洞窟は発見しました)。さらに蝋燭置きや天井部に滑車かなにかがあり、コードが隧道奥に通っていたような形跡も散見されました。地図も製作しているんですが、分岐分岐で大変なことになっています。今のところ奥までの長さは推定100mくらいですが、横に広く、いくつかの洞口が確認されます。

ちなみに、ようやく最近、登山口に面しているものに関して、立ち入りを防ぐ一本のトラロープが超簡易的に設置されました(笑。こんなんじゃ効果は・・・。

そんな屋島洞窟なんで捜索のし甲斐はありますよ!

   マフラー巻き  2007年4月13日(金) 21:19  HP [修正]
うむ!すばらしい行動力だ。洞窟〜洞窟〜♪
石切り場があったことまでは調べがついたけど、
かなり前に廃鉱山になってるみたいですね。

この近くにある藩政時代にある戦跡も見たいな。
夏休みは遠いので土日で行きましょう!

   高松市民  2007年4月14日(土) 23:35  HP [修正]
高松市もいくつか洞窟を有してまして、女木島や男木島の人口洞窟なんかは、戦跡なんではないかとみられているそうですよ。屋島の場合はとりあえず採石場で決定でしょうね。

あ〜、長崎の鼻にある砲台跡でしたっけ??景色もいいとこなんで、是非是非いらして下さい!屋島登山鉄道の廃線にうどん屋もあったり(笑。
夏場はいろいろとあれなんで、春のうちがいいですねぇ〜


あ、携帯のメアドが変わっているので、またお伝えします;;

   WSS  2007年6月4日(月) 21:52 [修正]
初めまして、WSSと申します
屋島洞窟を調べていてここにたどり着きました
自分も登山道に面している一番深そうな?とこといける小さいくぼみを何回か探検したことがありますがあそこって立ち入り禁止になったんですか・・・
知る限りあそこが一番大きかったんですけどねぇ
せっかく作った地図も無駄に・・・

   マフラー巻き  2007年6月6日(水) 20:57  HP [修正]
はじめまして!書き込みありがとうございます。
屋島洞窟、立入禁止がどの程度の物なのか気になります。

それよりも、内部の地図は貴重だと思いますよ!
立入禁止措置の前に作成された訳ですから、
あまり後ろめたく感じることも無いと思います〜。

私もいつかは行ってみようと思っていますが、
ロープ閉鎖程度だと入っちゃいそうな気がします…。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25
全 1139件 [管理]
CGI-design