HOMEマフ巻隧道BBS検索

 四国オフ会の件  yoshirin  2010年7月25日(日) 23:12  Mail
[修正]
マフラー巻きさん、本日のオフ会の主催、どうもありがとうございました。普通では行けない所へ案内していただきましたうえに、丁寧な解説までしてくださり、、楽しい1日を過ごすことができました。それだけでなく、私個人としてマフラー巻きさんを含めまして、『四国の勇、三羽ガラス』と思っています、ナキイルカさんとアルプさんまで、お呼びくださり、真にありがとうございました。

最後の小松島の隧道は、私が17号線に着いた時には、誰の姿もお見かけすることができませんでしたので、どうしようもなく、勝手に失礼させてもらった事を、心よりお詫び申し上げます。

また、これからも、貴HPを楽しみに閲覧させていただこうと思っております。もし、いつかお会いできる日がありましたら、その時はまた、隧道の話をゆっくり語り合いましょう。では、また。

   マフ巻  2010年7月26日(月) 14:09 [修正]
お疲れ様でした〜。

最後は、みんなでyoshirinさんを探せになっていましたw
こちらこそ、次回がありましたらよろしくお願いします。

   SNAKE  2010年6月12日(土) 23:13  HP
[修正]
どうもです。取材してきました。
岩原満俺軌道の隧道は水没しているとのこと。また、県内の林用軌道において隧道は多く存在し、国土地理院発行の地図にも明記されない隧道が幾つも存在したそうです。今は林道になったりしてしまいわからなくなっています。なんと、魚梁瀬森林鉄道に乗って千本山まで行ったこともあるそうですよ。
あと、白髪山の鉱山について聞きましたが排出口は知っているが本当の入り口は知らないとのことです。

   SNAKE  2010年6月13日(日) 18:23  HP [修正]
朗報です。今日、桑の又林用軌道と下ル川林用軌道に行ってきたんですが地元の人の話によると島ノ川林用軌道というのがあってそこに隧道があったそうですよ!

あと、聞きたいのですが下ル川林用軌道が載っている地図はいつごろの地図かご存知ですか?

   マフ巻  2010年6月15日(火) 20:22 [修正]
満俺軌道に水没した隧道があるのは確実そうですね。
何十年に一度の大渇水でもあれば出てくるのかな・・・。
早明浦が渇水になったら渇水報道が多く出るので、
その時に探索できるように資料を揃えておきたいと思います。

下ル川林道のことですが、国土地理院の地形図でいえば「新田」に載っています。
残念ながら、私は該当地の地形図を持っていないのですが、
軌道跡は「埋もれた轍」というDVDに数秒だけ紹介されていました。
しかし、このDVDは隧道がある路線でも隧道の紹介をしていないので、
あまり参考にならないかもしれません。全線林道化しているとのこと。

下ル川は昭和20年(1945)〜昭和40(1965)に開設されていたので、
その期間中の地形図を、古書店なりで購入すれば確認できるはずです!

   SNAKE  2010年6月16日(水) 18:59  HP [修正]
昭和20年(1945)〜昭和40(1965)ですか。わかりました。情報をありがとうございます。

いよいよ夏ですね。しばらくは山にもいけないので溜めておいた国鉄や私鉄、鉱山鉄道などの報告書も作ろうと思っています(^^)
すべてではありませんが、隧道なども多くありますのでまた暇なときにちらりと見てください。
             ___
           /_ノ ヽ、.\
          ./(●) (●) \    
         /  (__人__)   \    
          |    ノ ノ      |    
         ヽ、 _`⌒'´  .._ /
    ____/⌒``ヽ ,,ー‐,,   "⌒ヽ____
   |____し'⌒/ .    .   /"⌒し′__|::|
   |____(        /_______|::|
    |____/⌒ ヽ、     /______|::|
    |____しイ"i  ゛`   ,,/._______|::|
l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|
 | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::|
 |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;|

   SNAKE  2010年6月7日(月) 18:39  HP
[修正]
お久しぶりです。先日の日曜日、またまた「中ノ川林用軌道」行ってきましたよ。さすがに日の当たるところは雑草がすごくなってきましたね。そろそろ山の中の廃線跡も厳しいです。
今回の発見はさらに奥にヘアピンカーブが二つあったことですね。あと橋が残ってましたよ。その上には枕木もあって犬釘も残っていました。

   SNAKE  2010年6月7日(月) 18:40  HP [修正]
全体的には石積は少なかったです。

   SNAKE  2010年6月7日(月) 18:41  HP [修正]
橋が残っていたのはココだけでしたよ。
自然ってすごいですね。

   マフ巻  2010年6月7日(月) 20:10 [修正]
これは凄い!今や、林鉄の廃橋梁は貴重な存在ですよ。

今回の物は、横から見たら軌道にしても貧相に見えてしまいますね。
でも、上に枕木や犬釘があるとなるとマジもの可能性大!

ところで、隧道はありませんでしたか?(笑)

   SNAKE  2010年6月8日(火) 20:36  HP [修正]
唯一残っていた橋の下に枕木や橋の一部が落ちていました。
もう少し早ければ写真に収められたのになと思います。
木造の橋と言えば完全な形で「大栃林用軌道」に2,3箇所残っていましたよ。写真は破損してしまいました!

残念ながら隧道はありませんでした。
唯一気になるといえば大きな切り通しがあったことです。
そこは林道になっていていますが、林道になっても切り通しなのですから軌道時代はどうだったのでしょうかね?
岩原満俺軌道では大きな岩盤があっても隧道ではなく切り通しになっていますからね〜。もしかしたら私が調査した場所よりも奥に埋もれているかもしれません。

今度親友の祖父に聞いてみます。

   まーきみ。  2009年9月28日(月) 15:47  HP
[修正]
言わずと知れた、御荘湾ロープウェイのものです。
管理者の御意向により、掲示板での詳しい説明ができません。
もう一つは、車内の広告です。

   マフ巻  2009年9月29日(火) 15:31  HP [修正]
面白い!!こいうの、どっから手に入れるんでしょうね〜(笑)

 初代大森隧道  はみ男  2010年5月11日(火) 0:49  HP
[修正]
22.5.9に訪問してきました。
北側が大きく崩れていて、
抗口に近づけませんでした。
南側抗口からは光が見えたので、
埋もれてはないようです。

   マフ巻  2010年5月11日(火) 14:46 [修正]
すげー!行くだけでスゲー!!
そして崩落しそうで粘る南側坑口・・・まさか北側が先に逝くとは。
今度は、北側手前の崩落を頑張って乗り越えてきてください!
そして念願の内部通過をゼヒ。 ぐへへ。

   はみ男  2010年5月11日(火) 17:42  HP [修正]
すみません場所間違ってたっぽいです
砂防ダムかと思っていた石垣が、
どうも道路の石垣のようでした
もっと上の方ですね

北側はまた行かなければ…orz

   マフ巻  2010年5月11日(火) 18:35 [修正]
ああ、あの場所ですか。私も間違えた場所ですよ。

その大崩落を起こしている斜面に出たら、旧旧道はUターンして登っています。
ちょうど、カーブになっていた路面を巻き込んで崩落しているので、
道形が無くなってロストしやすい場所となってしまっているんですよ。

この崩落を超えると、当時の車の轍が残っている路面があったり、
上記、左側にある写真のような、石垣でできた路盤工をみることができますよ!

 中ノ川林用軌道  SNAKE  2010年5月5日(水) 17:44  HP
[修正]
本日行ってきました。そろそろ雑草が邪魔になってきています。
地図は調べた結果です。もちろん誤差はあります。(^^)
赤が本線、緑は支線です。思いがけない発見でした。これは支線の一部です。

   SNAKE  2010年5月5日(水) 18:02  HP [修正]
支線のヘアピンカーブ地点ですけど何写してるかわかりませんね

   SNAKE  2010年5月5日(水) 18:03  HP [修正]
本線の橋台です。大きく崩れていないまま残っていました。

   SNAKE  2010年5月5日(水) 18:04  HP [修正]
林道が本線、左の山側に本線のヘアピンカーブ、そしてレールを発見しました。

   九朗  2010年5月5日(水) 20:04 [修正]
結構はっきり残っているんですね。
地図ありがとうございます。自分もいずれ行きたいです。

   SNAKE  2010年5月5日(水) 21:34  HP [修正]
私もあと少しだけ本線の区間を残しているので早急に調べたいです。
ほとんどが林道に変えられたいます。橋台や一部の区間だけが残っている状態です。林道と重なっていないところは残っているということです。(当たり前)
橋台はとても見つけにくいところにあります。見分けるコツは林道の勾配が突然急になったりします。そんな時、その林道の下側に軌道跡があります。林道の勾配が林用軌道の勾配として不向きと考えることができるのなら軌道跡は大抵その林道の下側や埋められたりしています。(そこで終わっていたりもしますが)
この見分け方はすべての林用軌道について共通です。(すでにご存知かと思いますが…。)

今、魚梁瀬では6月まで野生動物の駆除をしているそうですよ。おかげさまで魚梁瀬は延期になりました。撃たれたら困りますよね…。



   マフ巻  2010年5月11日(火) 15:53 [修正]
高知の皆様、素晴らしい行動力ですな〜。うらやましい限りです。

まだたどってないんですが、愛媛の旧面河村にも森林軌道がありました。
魚梁瀬など高知県の物や、愛媛の小田深山と違って無名なので、
隠れた隧道が出てくるんではないかと期待しています。

既に地形図は手に入れているんですけど、この時期は薮が酷そうで。。

   SNAKE  2010年5月11日(火) 16:52  HP [修正]
薮は本当に困りますよね。農家の人が使っている雑草を刈る機械が欲しくなります。それを使って軌道跡を一掃したいです。

高知県ではないですけど先日、岡山に行って宇野線旧線に行ってきました。レンガ積のトンネルです。新しいフェンスが設置されていましたがすり抜けて進入しましたw

 はじめまして  うおちゃん  2010年4月29日(木) 9:34  HP
[修正]
アルプさんのブログ見ててこちらにたどり着きました。

実家近くの野福峠、俵津隧道が紹介されてたので懐かしく思いご挨拶がてら書込みしました。
新しいトンネルが出来るまでは、主要道として利用されていました。
自分は町内の西側でしたので、宇和から山間部を超える林道をメインで利用していました。
野福峠は桜でも有名ですが、心霊スポットとしても有名で夜間に走る事はけしてなかったです。
地元の多数の方が目撃してるんですよ!

昼間に行けば頂上からの眺めは素晴らしいのですけどね。

新しいトンネルが出来てからは旧道を通る事もなかったのですが、今でも十分通行可能なんですね。

明浜町には、もう崩落して入口もわからなくなりましたが鍾乳洞があるんですよ。
親の話では鍾乳石などをかなりポキポキ取り捲ったので荒れてるそうです。
今はオートキャンプ場になってる石灰鉱山跡のどこかに入口があるようです。

 俵津隧道と三瓶隧道  マフ巻  2010年4月30日(金) 15:07 [修正]
ご来場ありがとうございます。あの二つの隧道は、
スポットとして有名なのですね。しかも地元の方
からの情報とは!一体何の霊が出るのでしょう?
何も知らずに歩いて往復しました。

明浜のオートキャンプ場も利用したことがあります、
穴御前とも違う場所のようですね。石灰の登窯があったのを覚えています。いつか行かねば。

 石灰鉱山  うおちゃん  2010年5月5日(水) 9:29  HP [修正]
明浜は石灰で栄えていた町です。
江戸時代は宇和島藩の飛び地となっていましたよ。

オートキャンプ場の周辺は以前は鉱山の痕跡がいたるところに残されていましたが、今では整備されて面影がなくなってきてますね。
海岸に船着場の跡はまだ残ってます。
キャンプ場より上に行けば痕跡もあるかもしれませんね。
今度、実家に帰ったときにでもいってみようかな?

   マフ巻  2010年5月5日(水) 14:07 [修正]
キャンプ泊を兼ねて探索してみたくなってきました。

 はじめまして  SNAKE  2010年4月7日(水) 20:37  HP
[修正]
こんばんわ。はじめまして。
私は高知の高2の学生で「鉄道」の廃線跡に興味があります。
今日もネット検索して情報を集めていたところ、このサイトにたどり着きました。
鉱山跡を探訪しているようですので情報提供します。
私が以前調査していた林用軌道跡で誰も知らないような鉱山跡の隧道があったのですが中には水がたまっていてその土は鉱毒で変色し、泥もたまっていました。(本当に鉱毒かはわかりません…。)
奥に入って行ったのですが幾つにも分岐していて迷いそうでした。
どのサイトにも紹介されていない隧道です。
その時の写真を撮っていたのですが消してしまいました…。もし興味があったらお返事ください(^ω^)
また来ます。

   マフ巻  2010年4月7日(水) 20:48 [修正]
情報ありがとうございます。
廃線というジャンル、四国には若い方が多く活動していて楽しみです。
サイトも、これから見させていただきますね。

ところで、森林軌道と鉱山が同居していたのですか。
高知県で、かつ私が知っている内で確定しているのは、
安居渓谷にあった銅鉱山と安居森林軌道のコラボです。
あと、石原満俺軌道も木材を運んでいた可能性があるそうですが、
どちらも詳しくは判明していません。。。
どちらにしても、珍しい形態だと思うのでぜひ教えてください!

サイトで紹介されている魚梁瀬森林鉄道界隈は、多数の遺構が
残されているようですね。残念ながら、私は四国の対角に住んでいて
中々訪問できないので、これからのご活躍を期待させて頂きます!
機会があれば一緒に探険しましょう。

   SNAKE  2010年4月7日(水) 22:23  HP [修正]
返信ありがとうございます。私も是非、皆さんと探検したいです。

安居森林軌道の存在は知っていましたが鉱山があることは知りませんでした。後者の石原満俺軌道は私は大部分が調査済みです。橋梁や大きな切り通し、路体が残っていました。おっしゃるとおり岩原満俺軌道はメインはマンガンの搬出で後に営林局が軌道を借りてさらに奥へ敷設し、木材を搬出していたようです。軌道はヘアピンカーブを繰り返し高度を重ねて国有林の中にまで伸びています。ちなみにこの岩原満俺軌道で二箇所にあった隧道はダムで水没してしまったようです。

そして先ほど話した謎の隧道ですが、私が中学一年生のとき、本山営林署管轄の白髪林道を探索中のことでした。その時は全く資料もなく勘だけで探索してました。林道を進むと川の向こうに大規模な砂山がありました。鉄道の遺構だと思い川を渡り見てみると、砂山の斜辺に朽ちた木材が三本刺さってました。その砂山を登ってみると大きな木は生えてなくあまり草も生えてなかった印象が強く残っています。そのまま進むと路体が切れて行き止まりかと思いましたが近くに行くと3分の1くらい埋没した隧道が山側にありました。長靴があれば奥にいけます。ですがここまでの道を考えてみると軌道跡とは思えない箇所が幾つも存在します。今は古地図を入手する方法(国土地理院)を理解したのでそれを見ればわかりますが今は持っていません。場所はわかりますが年代がわからないので何年の地図を請求すればいいかわかりません…。
詳細地図は準備ができたら載せますね。(・ω・)ノ

 地図です  SNAKE  2010年4月7日(水) 22:56  HP [修正]
少し見えにくいですが。
今気づきましたが、右が実際に調査した河川、左の県道264号線が本当の軌道跡です。ぜんぜん違うところを調査してたみたいです。ということで軌道跡とは全く関係なかったです。誤情報すいません。
ですが、鉱山?の隧道跡は右側の奥のほうにあります。今は経営してませんが奥白髪温泉の小屋のような建物が林道の入り口付近の川岸にあり、その向かい岸が大きな砂山です。

また思い出しましたが、ダムの近くにマンガンを取り出した別の隧道が残っているのを見つけました。その隧道は入り口も大きく中も広かったです。

 返事遅くなってスイマセン。  マフ巻  2010年4月12日(月) 19:38 [修正]
安居の森林軌道とリンクして、レールの突き出している銅鉱山の坑口が残っていますよ。
森林軌道部分も、民家の軒先をかすめて走るDVDを見ることができますし、
腰を据えて探索してみたら面白い一帯になりそうです。

さて、話題の林道にあった大きな砂山、草木が薄かったのならズリ山だったのでしょうね。
吐き出し用の坑口が開いていたとなると、近代化された鉱山と条件が合いますし。

高知県道264号(板瀬吉野線)は森林軌道だったのですか。
この辺りは、まだ下調べすらしていないのですが、気になる一帯です。
それと、奥白髪温泉の閉鎖は非常に残念です・・・お気にだったのに。

ダムの脇に残っているマンガン坑道は、石原満俺軌道の方でしょうか?
その坑道でしたら、軌道の起点になった場所です。
早明浦ダムの近くに残っているマンガン鉱山の話でしたらすいません。

   SNAKE  2010年4月12日(月) 22:03  HP [修正]
マンガン坑道は穴内ダムにあります。起点の黒滝より手前にありました。
もちろん黒滝にもあります。

   九朗  2010年5月2日(日) 17:54 [修正]
流し読みしたので気付きませんでしたw
白髪林道は県道264の対岸に敷かれていました。旧土場跡から沢ヶ内までの間は2回ほど下見したことがあります。一部が町道に転用されたぐらいで路盤は大部分が残っています。素掘りトンネルも。連休中に踏破できたらと思っていますが、終点の正確な位置がよくわからないので計画を立てかねています。

同じ高知県同士がんばりませう
白髪林道は昭和22年6月30日発行1/50000「本山」に描かれています。
これから取り寄せるのであればお役立てください。


県道264ですが、高知県側からたどって、最初に川が大きくカーブする所にトンネルが描かれていますが、調査済みでしょうか?



   マフ巻  2010年5月2日(日) 21:24 [修正]
素掘りトンネル!? 俺が知らん隧道がまだ四国に残っているとは・・・。
高知県、森林軌道おそるべし・・・奥深いなぁ・・・。


>>九朗さん
5月23日に、大豊町で会いませんか?
旧橋&旧看板巡り、そして太田口カフェでランチ。ランチは奢り(案内料)

   九朗  2010年5月2日(日) 22:33 [修正]
sorry. しまなみといい、どうもあしなみがそろいませんね。
日曜よりも土曜のほうが行ける可能性が高いのですが。
あと↑まちがい。
「白髪山ふれあいの村」あたりまでは大体把握してます。

   SNAKE  2010年5月4日(火) 10:47  HP [修正]
お久しぶりです。実はあれ以来、白髪林道の調査は行っていません。
今は、岩原満俺軌道を調査しています。
といっても、終点の黒滝よりも奥の林用軌道区間です。
ヘアピンカーブが3,4つあるそうです。
あと近々、魚梁瀬のレールが見つかった支線にも行く予定です。

 ありがちなこと  九朗  2010年5月4日(火) 19:04  HP [修正]
地図を持っていく↓
現地につく↓
地図を開く↓
別の地図↓
上流に1キロほど未踏区間を残してしまいました。orz

22日じゃだめ?



>奥の林用軌道区間
中の川ですか? あそこは何度か地図を取り寄せてみましたが、はずれくじばかり引いてます。一度原チャで走ってみましたが、滑りそうで怖かったです。

   SNAKE  2010年5月4日(火) 20:13  HP [修正]
そうです。中の川です。
地図は私も持っていません。勘と地元の人に聞いたりして行きました。
親切なおじさんが車に乗せて国有林の手前まで案内してくれました。
そのおじいさんはその林用軌道区間で働いていたそうです。
私の祖母は若いときに、その近くの川に水汲みに来ていたそうで軌道のことを知っていました。また、私の親友の祖父が営林署で働いていたのでその人の話も聞きました。

良ければ黒滝からの地図を書いてあげましょうか?あまり正確ではありませんが⊂(^ω^)⊃

   SNAKE  2010年5月4日(火) 23:58  HP [修正]
地図です。赤い丸のところはヘアピンカーブが連続する地点です。
ここは明日調査する予定です。
容量削減のため変な形になってしまいました。

   マフ巻  2010年5月5日(水) 14:05 [修正]
22日は、俺がだめなんだー!すいませぬ。
白髪林道の穴、ハァハァしました。旧看板は置いといて、こっち行きたいっす。

 井内峠 東温市側  駄目熊  2010年4月19日(月) 22:06
[修正]
お初にお目にかかります。
先日、17日の土曜日に偶然井内峠へたどり着きました。
その際、井内峠の東温市側にて道が崩れている場所、土砂がある場所、
等ありました。

バイクであればとりあえず大丈夫ですが、
再訪問はしないかもしれませんが、車だと危険かと思われますのでご注意ください。

見辛いかもしれませんが画像をつけておきます。
以前、HPで見かけた記憶があったためご報告させていただきました。
既にご存知でしたら申し訳ございません。

それでは失礼致します。

   マフ巻  2010年4月20日(火) 8:36 [修正]
ありがとうございました。
特別紹介のN0.9に紹介しております。
www.mafura-maki.jp/tanbo/sonota/iuti/view9.cgi

ここは、峠として調べ直しに行きたい場所です。

 双海の白看板  まーきみ。  2010年3月21日(日) 5:52  HP
[修正]
昨日、国道56号を走ってて、視界に白看板らしきものが入ったので、旧道を探索。
こんなのがありました。

   マフ巻  2010年3月23日(火) 9:15 [修正]
おおお!新発見じゃないですか。しかも家から近いし。
まだ愛媛に残っていたのですね・・・。素晴らしいです。

   まーきみ。  2010年3月23日(火) 21:39  HP [修正]
新道に新しい看板が、旧道には古い看板が

それぞれ、自己主張しておりました。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30
全 1205件 [管理]
CGI-design