HOMEマフ巻隧道BBS検索

   アルプ  2009年7月5日(日) 16:51
[修正]
@鉱石を割る少年

A事故現場にたたずむ青年(ホッパー横より)

   マフ巻  2009年7月6日(月) 14:47  HP [修正]
おもしろすぎ。
うどん喰うおっさんとか、野菜買う姉さんの写真はないかえ?

 蛇足  まーきみ。  2009年7月3日(金) 14:00  HP
[修正]
御荘ロープウエィの遺跡の追加です。

湾内に存在する基礎は、3つあるように見えていましたが岩陰にもう一つあります。

他の3つにある足がありません。

   まーきみ。  2009年7月3日(金) 14:01  HP [修正]
文字通りの「蛇足」お許しください(T_T)/~~~

   マフ巻  2009年7月3日(金) 14:20  HP [修正]
速攻で反映させて頂きました〜。
海中と、波打ち際との差で設計変更されたのでしょうね。

ありがとうございました。

   アルプ  2009年7月1日(水) 18:53
[修正]
よ〜降るね〜〜( ̄〜 ̄)

   マフ巻  2009年7月1日(水) 21:26  HP Mail [修正]
おわ! 面白い人がいますね〜。
ゴミムシですか?

 御荘湾ロープウェイ  まーきみ。  2009年6月29日(月) 23:20  HP
[修正]
平成18年に閉鎖した御荘ロープウエー馬瀬山からの写真です

   マフ巻  2009年6月30日(火) 10:10  HP [修正]
お!かっちょいいです。
レポに紹介してもよかですか?

   まーきみ。  2009年6月30日(火) 11:53  HP [修正]
ご採用ありがとうございます。
蛇足ながら、画像追加します。
人物と比べて、基礎の大きさが判りましょうか?

 吉野の橋台  まーきみ。  2009年6月18日(木) 0:03  HP
[修正]
今日行って来た、松野町吉野に現存する「私鉄宇和島鉄道」の橋台跡です。

大正12年に近永から吉野まで延長した時に建設されたと思われる。

昭和8年に国鉄に売却、その後駅を吉野から現在の吉野生に変更したときに用済みになり、そのまま半世紀以上存在しています。

いつか壊される日が来るのでしょうか。

画像左は2009年6月、右は2008年12月のものです

   マフ巻  2009年6月18日(木) 15:15  HP [修正]
お!宇和島鉄道ですね。
窓ノ峠隧道周辺しか見て回っていないので、
この橋脚をいつか見に行きたいと思っております。

なんとかこのまま、末永く残って欲しいですね。

   まーきみ。  2009年6月14日(日) 20:41  HP
[修正]
調子に乗ってもう一つ
吉田高校前の、かつてのメインロード(多分国道)だったところ
浜通の現56号線が整備される前、バスはこの道を走ってたらしい。
これと、撮影はしてないけどもう1枚くらい関連の看板があった記憶が。

   マフ巻  2009年6月15日(月) 8:33  HP [修正]
ありがとうございます!もう一個はこれかな?
今週前半にはブログにて照会できると思います。

宇和島市近辺は、白看板の発見数が少ないため、もっと残っていることを期待している地域なんです。
見つけてたら是非ともご享受くださいまし。

   まーきみ。  2009年6月15日(月) 9:00  HP [修正]
あーこれです!
以前は「吉田町内ー立間駅ー現在のダイキ」がバス路線でしたのでその名残かも。
現在もその路線は生きているようです。

 白看板?それとも?  まーきみ。  2009年6月13日(土) 22:50  HP
[修正]
西予市宇和町大江の旧道で見かけた看板ですが、白看板ってこれのことですか?
国道じゃないから違うのかな?

   マフ巻  2009年6月14日(日) 19:59  HP Mail [修正]
おお!これですよ、白看板。正真正銘の白看です。
四国内の幹線道路にある物は、ほとんど見つけたと思っていますが、
まだまだ地域に根付いた道路に残された物が出てくるはずです。

それに、一年に四国で5枚近く撤去されているのが現状ですから、
一枚でも多く見つけて記録に残したいと思います。
見つけたらドンドン教えて下さい!白看板に詳しいサイト ↓
http://www10.tok2.com/home/michibeya/hyoshiki/tips.html

   まーきみ。  2009年6月14日(日) 20:31  HP [修正]
おー
それは良かった
大発見だったのですねヽ(^o^)丿

じゃーアップの写真を大きいのに変えます

 宿毛隧道2009年6月  まーきみ。  2009年6月7日(日) 19:04  HP
[修正]
旧宿毛隧道、愛南町側坑口へ行ってきました。中に入ろうと思ったのですが、豪雨?のため諦めました。故に宿毛側は残念ながら未確認です。
また、途中の道路の水溜りにはオタマジャクシが居ましたので、元々水が湧きやすい場所なのでしょうか。

 お!お疲れ様でした。  マフ巻  2009年6月7日(日) 20:58  HP Mail [修正]
愛南から行きましたか!チャレンジャーですね〜。

しかし、豪雨とは!大雨の日に訪れたのなら更に難易度が高かったでしょうね。。

更新、楽しみにしております。

   まーきみ。  2009年6月7日(日) 21:31  HP [修正]
雨は上がってたのですが、トンネル内だけ雨でしたw
扁額は、コケか草が生えて見えませんでした。ザンネン

 擁壁の素材は?  まーきみ。  2009年6月12日(金) 10:33  HP [修正]
私的には自然石のような気がするのですが、未確認です。

   マフ巻  2009年6月12日(金) 10:37  HP [修正]
早速のお返事、ありがとうございます!
やはり切り石でしたね。情報感謝です。

 鳥越隧道  まーきみ。  2009年5月26日(火) 1:00  HP
[修正]
2009年5月の国道56号線、鳥越隧道です。(津島側から)
愛南町側からだと、国道から5分ほどで新しい道で楽に行けますが、津島側からだと、狭い道を恐々行かなければなりません。
中では蝙蝠さんがヒラヒラ舞っておりました。
新たな崩落箇所もありました

   マフ巻  2009年5月27日(水) 14:29  HP [修正]
近代土木遺産の鳥越隧道さんですね。
通行止にされそうで、されない不思議な隧道です。

現役時代にも、大崩落が二回あったということですから、
地質的に弱い場所なのかもしれませんね。

白看板が二枚あったのですが、無くなっちゃっていましたか?

   まーきみ。  2009年5月28日(木) 1:07  HP [修正]
白看板、一枚は発見しましたので、後日拙ブログでアップします。

 高知の隧道  α星  2009年5月5日(火) 21:08
[修正]
先日、魚梁瀬公園線の第1隧道。
安田東洋線、久木隧道、第2隧道(廃止された方)、旧国道33号大渡隧道を訪れて、何点か分かったことがありました。

まず、大渡隧道の旧道化した時期ですが。
新道に架かる大渡橋の竣工年からS42年3月頃と判明しました。

旧久木隧道…馬路側の坑口はまだ残っており、旧隧道坑門は新トンネルの左側に残存してました。
銘額も残っていて、完成時期はS36年3月31日と判明。
銘額の内容から旧々隧道(鉄道時代の物?)を拡幅しているようです。
北川側の坑門は発見できず、香川の江畑隧道の様な状態出はないかと思われます。

久木トンネルより東にあった隧道(現在も地図に記載あり)ですが。
これは完全に埋没していて、坑門の上部が残っている程度でした。

魚梁瀬公園線、第一隧道ですが、これは新道の北側に残っています。
状況は魚梁瀬側は簡単な網で閉鎖され、北川側は開口していました。
魚梁瀬側の閉鎖も坑口脇に隙間があり、徒歩での通過は可能です。
現役時は照明が在ったようです。

閉鎖時期は平成8年6月1日、看板の文面から新道開通後も利用されてたみたいです。
以前、県に問い合わせると延長55.1m、完成時期不明でした。
完成年を把握できる物は隧道から見つけることが出来ませんでした。

画像は魚梁瀬公園線、旧第1隧道(09年5月1日現在)の物です。


   マフ巻  2009年5月8日(金) 15:30  HP [修正]
幾多の情報、ありがとうございます!
大渡隧道、旧道化した時期について橋の年月を掲載しました。
大きなヒントになるものをありがとうございます。

久木や魚梁瀬の情報も、いつかレポート化した時に掲載しますね!
この界隈は、テントを持ち込み一週間以上かけて巡ってみたいです。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81
全 1715件 [管理]
CGI-design